【レポート】ジャイアントストアのチューブ交換セミナー




ジャイアントストア目黒通り店

先日、ジャイアントストアのチューブ交換セミナーに参加して参りました。今回は、そのレポートをお届けします!

雨天の中ライドして向かったら、セミナー前にタイヤを乾かしてくれる

wet velo
当日は生憎の雨天。セミナーでは、チューブ交換を行う自転車を借りることも可能なんですが、やはり自分の愛車で練習したいということもあり、雨の中お店までライドすることを決意。

店舗に到着するとお出迎えされ、濡れたタイヤを乾かしてくれました。正確には、乾かすというよりも水っ気を飛ばすという方が表現が正しいかも。そのままチューブ交換始めると、服も汚れまくってしまいますでしょうから、その点をご配慮いただいたのかなぁと勝手に思っています。

セミナー開始!まずはタイヤの着脱から

bike one

チューブを交換するとき、フレームからタイヤを外さないと作業を進めることができません。そこで、まずはタイヤの着脱の練習からスタートとなりました。私を含め、セミナーに参加していた方はみなさんタイヤの着脱が未経験ということで、手取り足取り教えていただきました。

今回面白かったのが、セミナー参加者のバイクのタイプがそれぞれ違ったというところ。私はロードバイクでしたが、他の方はクロスバイク、マウンテンバイクを持参。それによって、バイクタイプによって異なる着脱のコツも、合わせて教えてもらうことができました。

タイヤ着脱に慣れたら、本番のチューブ交換!

IMG_1584

ある程度タイヤ着脱に慣れてきたところで、いよいよチューブ交換のフェーズへ。実際にパンクしているわけではないので、チューブから空気を抜き、それを着脱するという作業がメインになります。

この時も、バイクによって異なる点を教えていただきましたが、ロードバイクはその中でもコツが必要な点が多く感じられました。作業中も、講師の方から「ちょっとしたコツ教えますね」という形で何度も教えていただきましたので。

チューブ着脱が終わったら、セミナー終了!

giant defy3

一通り作業を終えて元に戻したら、セミナーは終了です。

約1時間という短い時間でしたが、非常に多くの学びが詰まったセミナーだったと思います。特に、事前にメンテナンスの書籍で予習していったものの、それだけではクリアできない難所もいくつかありました。そんな、書籍だけでは知ることができないことも教えていただけるので、チューブ交換をされたことがない方には絶対にオススメなセミナーです。