ロングライドで活躍すること間違いなし!DOPPELGANGERがバッテリー付きスマホマウント「DPC364-BK」を発売!





photo by DOPPELGANGER

「ロードバイクでロングライドや!スマホもあるし道には迷わないぜ!」

そういって勢いよく家を飛び出し、ライドの途中でスマホの電池が切れて絶望した、なんて経験あるんじゃないでしょうか。かくいう私も、ロードに乗るときはStravaを起動して走行しているのですが、2,3時間経つと電池が残り20%切りそうなんてことはしょっちゅうありました。

そこに現れた救世主とも言える存在、それがDOPPELGANGERのスマホマウント「DPC364-BK」なのです。このスマホマウントで個人的に特筆すべきは次の3点かなと思いました。

スマホを約1.5回~2回フル充電可能なバッテリーを搭載!


photo by DOPPELGANGER

大きな特徴は、スマホマウントなのにバッテリーが付いているということ。しかも1.5回~2回分のフル充電ができるのです。2回フル充電ができた場合、私の経験で言えば6時間~8時間は持つんじゃないでしょうか。これだけ持てば、ロングライドに行くには十分かと思います。

なお、マウントのどこにバッテリーがあるかというと、マウント底部。ここに隠れるように設置されます。パッと見ただけではバッテリーがあることに気付かないくらい自然な見た目です。

充電用端子がどこにあっても困らない「フレキシブルストッパー」


photo by DOPPELGANGER

マウントを買ってみたところ、ストッパーが充電端子に干渉して使い物にならねぇ!!というケース、多くはないと思いますが、なくもないように思います。些細なことかもしれないですが、スマホによって充電端子の位置が異なる場合がやはりあるわけで、それによって困ることも起こりえます。このスマホマウントはとてもありがたいことに、充電端子の位置によってストッパーを切り替えることが可能。これで、干渉させることなく端子を繋ぐことができるようになっています。

工具なしに縦横回転が可能!


photo by DOPPELGANGER

多くのスマホマウントは、縦横を切り替える際に工具で一度取り外す必要がありました。しかし!このマウントは工具を使わずに縦横回転ができるのです。工具なしにできるという利便性は、工具を使わないと回転できないタイプのマウントを持っている人には実感できるのではないでしょうか。

終わりに

このスマホマウントは「痒いところに手が届く」という言葉がピッタリなくらいに、これまでストレスが溜まるようなところを改善した機能をたくさん持っています。ホルダー部分の強度がどんなものか非常に気になるところではありますが、総合的に見て買いな一品なのではないかと思いました。

DOPPELGANGERさん、私に刺さるものをバンバン出してくれるので嬉しい限りです。しかし、大体僅差で別のモノを買ってしまっているという…(´・ω・`)